1. ホーム
  2. 加齢臭を消す方法
  3. ≫ 加齢臭が発生する原因は何か?

加齢臭が発生する原因は何か?

●生活習慣を改めることで加齢臭をバッチリ解消

50代になると、非常に気になってくるのが加齢臭。

匂いに対して敏感な現代社会において、生物としてしょうがないこととはいえ他人に対して不快な匂いを出すということは、対人関係を悪化させてしまう恐れもあります。

そんな加齢臭ですが、これは普通の臭いとはちょっと違いますので、少しばかりやっかいな物です。

まず、加齢臭とはどんな物なのかですが、加齢臭は「ノネナール」という成分が原因となっている臭いのことです。

年齢的に30代頃から発生するおやじ臭とは別の成分で、おやじ臭の場合は「シアセチル」という成分が主原因となっています。

ノネナールの主な発生原因は、中性脂肪です。

中性脂肪が代謝によって分解されると、脂肪酸とグリセリンになります。

この脂肪酸の中に9-ヘキサデセン酸という物質があるのですが、これが肌の常在細菌などに分解されることでノネナールとなって臭いを発生させるのです。

つまり、加齢臭を解消するためには、ノネナールを発生させない・溜めこまないことが重要なのです。

加齢臭の予防には、まずはお風呂です。

夏でもちゃんとお湯に浸かって汚れを浮かしてから、股間、腋の下、耳の裏、足の指間など老廃物が溜まりやすい場所もしっかりと洗浄しましょう。

肌の常在細菌を減らすことでノネナールへの分解を防ぎ、臭いを抑えます。

さらに食生活も、肉食から野菜や魚を中心とした物へと変え、油の摂取量を減らすことが大事です。

ビタミンCなどの抗酸化物質を摂ることも非常に効果的です。

加齢臭は、毎日の生活習慣でしっかりと抑えることが出来る臭いですので、面倒臭がらず生活習慣を改めることが解決への近道と言えるでしょう。

li610_02

年を取ってくると気になってくるのが加齢臭です。

加齢臭は、誰でも出てくるものです。

ただ、きちんと対策すれば、気になる臭いを抑えることは可能です。

そもそも加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。

ノネナールは、30代の頃から発生してきます。

この物質自体を完全に発生させないようにすることは、不可能です。

ならばケアをするしかありません。

まず生活習慣の改善が重要です。

肉類や揚げ物ばかりを食べるような生活をしていると、脂質を過剰摂取することになります。

脂質の過剰摂取は、皮脂の分泌量も増やすため、ノネナールを発生させる原因になってしまいます。

また、飲酒や喫煙なども体内の活性酸素を増加させ、加齢臭が強くなる原因です。

こうした食生活は、生活習慣病になる元にもなるので、改善する事が大事です。

今すぐ臭いをどうにかしたいと言う場合は、消臭クリームやスプレーに頼ると良いでしょう。

消臭スプレーを小まめにするだけでかなり違ってくると思います。

仕事柄小まめには出来ないと言う方には、消臭クリームがおススメです。

朝、晩塗るだけの簡単作業で高い消臭効果をもたらしてくれるものもあるので、そうした物を探してみると良いでしょう。

普段使っている石鹸やボディーソープ、シャンプーなどを変えてみるのも良いかもしれません。

消臭効果の高い物に変えて、しっかりと洗ってみると良いです。

即効性はないかもしれませんが、徐々に効果は出てくるでしょう。

消臭スプレーやクリームなどは、一時的には効果がありますが、根本的な解決にはなりません。

併用して使って、臭いを減らしていくようにすることが重要です。